卓上カレンダーの種類と価格について

卓上カレンダー

社会人にとって、カレンダーはスケジュール管理に欠かすことの出来ないものです。PCやスマートフォンなどで予定の管理をすることも多い現代ですが、まだまだアナログならではの強みもあるのが卓上カレンダーです。もし、デジタルデバイスに不具合が起こったとしても、カレンダーに予定を記入して残しておけばこういったトラブルがあっても慌てずに済みます。さらに最近はデスクマットやペンスタンドと一体型になっているものなど、カレンダー以外の機能を備えた商品も見受けられます。こうした卓上カレンダーは省スペースで無駄がないだけでなく、デスク回りをおしゃれに演出してくれます。ここでは職場のデスクに卓上カレンダーを置いている、または置くことを検討しているという方のために、卓上カレンダーの種類や価格について説明します。

スケジュール管理に向いている卓上カレンダー

カレンダーには表示形式によって日表、月表などの種類があります。日表とは日めくり、月表とは月めくりの形式のことです。仕事でのスケジュール管理におすすめしたいのは月表形式の卓上カレンダーです。一目で月の予定が把握出来るほか、書き込みが出来る余白が設けられていることも多く、何かと使い勝手の良いタイプと言えます。リング式で月ごとにページを捲ってゆくタイプが最も多く見られますが、専用のスタンドに日付が印刷されたカードをセットして使うタイプなどもあります。仕事の都合で何ヶ月も先の予定を把握する必要がある場合、年表形式のカレンダーもおすすめです。これは一年の暦がすべて一枚に纏められている形式のもので、月表よりもワイドなスケールで予定を見通せます。ページを捲る必要がないため、両手が塞がっていても使えるというメリットもあります。自分にとってどちらがより合っているか考えながら選んでみましょう。

卓上カレンダーの気になる相場価格

大手通販サイトで調べてみると、卓上カレンダーの価格帯としては600円前後が最も一般的です。高価なものでも2,000円を超すことは珍しく、予算は1,500円程度までで充分でしょう。安いものでは100円台から見付かりますので、カレンダーの中でも安価な部類と言えそうです。例外として、何度でも使い回せる万年カレンダーは数百円から数千円まで幅広い価格帯の商品が見受けられます。卓上カレンダーの価格を左右する要素としては、サイズやデザインが挙げられます。サイズの大きいものはその分高くなる傾向があります。また、デザイン性の高いものや人気のキャラクターを用いたものなどは比較的高価になりがちです。とは言えカレンダーは一年を通して使うものです。多少値が張っても自分の気に入るデザインを選んだ方が仕事のモチベーションにも繋がるでしょう。