魅力がいっぱいの佐世保の町を解説

佐世保は九州地方にある長崎県の北方面に位置する地域です。海に面し自然に恵まれた立地から、九十九島を代表とする数多くの名所に恵まれています。旧日本軍の海軍基地としても有名ですが、現在ではアメリカ海軍の基地としても栄えており、自然豊かながらも国際色も反映された独特の文化が特長です。季節ごとには国際交流を目的とした日米交流の各種イベントが開催されています。地元の人々が日常生活で使用する商店街にも面白い特長があり、防空壕の跡地を改造したとんねる横丁などの地形を利用したその土地ならではの店構えがあります。外国からの移民を受け入れている影響か、三浦町カトリック教会からなる教会や大聖堂といった施設があり、その荘厳な美しさから観光スポットとしても訪れる人が絶えません。大きな鳥居が特長的な亀山八幡宮は、年末年始といった行事には多くの人が訪れる場所です。

佐世保を訪れた人に是非お勧めしたい観光スポット

佐世保には、一つのテーマパークとして日本最大級のハウステンボスがあります。オランダの街並みをそのまま持ってきた様な風景からは、ヨーロッパの優雅な雰囲気が味わえます。その再現度の高さから、観光地としてだけでなく、ドラマや映画などのロケ地としての需要もある程です。独立した一つの街としてのコンセプトに基づいた造りで、テーマパークの舞台裏を見て顧客を落胆させてしまう心配もありません。メルヘンチックなアトラクションが数多く見られる他に、大人も満足させる展示物や冒険心をくすぐるアトラクションにも欠きません。季節ごとのイベント特有の楽しみも用意されています。夏には涼を誘うホラーアトラクションや、冬には美しい街並みを活用したイルミネーションが観客たちの目を楽しませてくれます。

海の魅力がたくさん詰まった佐世保

豊かな自然に恵まれた佐世保なので、そこに生息する海の生き物の世界をモチーフとした水族館がお勧めです。屋外にあるイルカショーでは、ダイナミックなジャンプや曲芸を披露するイルカたちが観客をお出迎えします。日本でも珍しい屋外に面している巨大水槽は、日光が上から差し込む事によって幻想的な空間を演出し、まるで海底から海の世界を眺めている気分です。九十九島の外観を思いきり楽しみたい人には、遊覧船で島を巡るコースがお勧めです。島と島の狭い空間も自在に行き来する船長のサポートで、ありのままの海と空のコントラストをお楽しみ下さい。海の幸を楽しみたい観光客にとっても、佐世保は季節折々の海の幸が楽しめる見逃せないスポットです。鯛や伊勢海老などの高級食材から、年中通して味わえるサザエの貝類が堪能できるのは佐世保ならではです。